東京から成田空港までの交通手段、家族なら車が断然安い!

鉄道派とバス・自動車派


現在、成田空港は、国際線で世界の106都市とつながっており、また、国内でも17の空港とネットワークができています。そして成田空港は、LCCという格安航空会社の拠点空港になっていることが特徴として挙げられます。国内線では、ジェットスター、バニラエア、ピーチの3社が就航していますし、新たに中国系の航空会社も就航する予定となっています。まさに、首都圏にある日本の空の玄関として、国内線のLCCネットワークの拠点として成長著しい空港です。
ところで、東京から成田空港までの交通手段を考えたとき、利用する人達は大きく分けると鉄道派とバス・自動車派に分けられます。だいたいの比率は、鉄道派が4割、バス・自動車派が6割というところです。鉄道派はさらに、JRを利用する人と京成電鉄を利用する人とに分けられます。
JRには、成田エクスプレスと快速エアポート成田の2つの路線があります。東京の主要な駅から乗り換えなしでダイレクトに成田空港まで行ける、成田エクスプレスを利用する方が多くなっています。東京駅からの交通手段を考えるなら、快速エアポート成田でも十分用が足ります。
京成電鉄には、スカイライナー、スカイアクセス特急、京成線特急の3つの路線があります。スカイライナーは日本最速の特急電車で、東京の日暮里駅と空港を36分で結んでいます。都心と成田空港を結ぶ最速電車で、全席指定なので必ず座って目的地へ行くことができます。スカイアクセス特急、京成線特急は価格が安くなりますが、時間がかかり混雑時には座れないこともあります。
交通手段でバスを利用する場合は、格安シャトルバス、高速バス、リムジンバスのいずれかを選択することになります。格安シャトルバスは、東京八重洲口から出ており、午前1時から21時まで、1時間に3~4本の割合で走っています。片道1,000円を切る料金が魅力です。シャトルバスより多少料金が高くなりますが、首都圏の広い範囲にわたって路線を展開しているのが高速バスです。ディズニーランドや浅草などの観光地にまっすぐ行く場合は便利です。都内の主要ホテルと成田空港を結んでいるのがリムジンバスです。駅の階段や地下通路を重いスーツケースで移動する必要がなく、荷物をバスに預けることができますが、料金が高くなります。

家族で行くなら自動車が経済的


さて、交通手段としての自動車ですが、家族4、5人で旅行に行くときなどは、経済的にメリットがあります。家族で東京から成田空港まで公共交通機関で行くとなると、多額の費用がかかります。さらに、小さなお子さんがいたり、荷物が多くなると、駅から駅までの移動や、交通機関の乗り継ぎだけでも一苦労です。人数が多くなればなるほど自動車は交通手段として楽になりますし、経済的です。
海外旅行などに行くと、お土産をたくさん買うことにより荷物が増えます。自動車なら楽に荷物が積めて、スムーズに帰宅することができます。家族の人は大助かりとなります。
また、自動車を利用する方の中には、旅行者を迎えにいくようなケースもあります。そういう時は、近場の空港駐車場を利用することが多くなります。自動車だと、ガソリン代と高速料金、駐車場料金を合わせても、成田エクスプレス片道1回分くらいの費用で済みます。東京から成田空港までの自動車での所要時間は、高速道路を使って1時間30分から2時間くらいです。お盆やゴールデンウィークなどの時期の混雑時は渋滞する場所があるので注意が必要です。駐車場料金は、空港駐車場や民間駐車場などがありますが、料金はピンからキリまであるので、近くて安いところを選ぶようにしましょう。
東京からの交通手段で自動車を選ぶ方は、LCCを利用する方が多くなっています。先述したように、成田空港は首都圏におけるLCCの拠点空港となっています。旅慣れたLCC利用者は、格安バスで移動するよりも自動車で移動をする方が好ましいと思う人が多いようです。航空運賃の安いLCCを利用しているので、自動車での移動でさらに経済的にしようという傾向があります。ただ、LCCは早朝出発便や夜の遅い便があるので、利用できる駐車場が限定される場合があります。

成田空港の駐車場事情


成田空港は、LCCの参入によって、国際線だけでなく国内線の利用者が多くなっています。ところが、LCCを利用して経済的に済ませようと考えているのに、駐車場料金が高いという問題があります。東京から成田空港までの交通手段を自動車にしたが、駐車場事情に驚いたという方もいます。空港の駐車場は、4、5日間預けると、軽く1万円は超してしまいます。駐車場が空港に隣接しているとはいえ、羽田空港より割高になっています。
成田発着のLCCを利用する人の大半は、航空運賃が安いから選んでいます。ところが、駐車場料金が高すぎて諦めている方も多く存在しています。また、LCCを利用するときに、早朝便を利用しようとした場合、その時間帯に対応している駐車場を探そうとすると、また労力が必要になります。このように、成田空港の駐車場事情は、LCCを利用している旅行者の方々には厳しい実態があるのです。
しかし、民間駐車場の中には、そのような事情をくみ取り、LCCを利用する方のことも考えて、親切丁寧に対応してくれる駐車場があります。そのような駐車場は、早朝4時から最終便の時間まで営業を行い、LCC便にも対応しています。駐車場に隣接していますが、空港までは無料送迎を行っています。そして、何といっても料金が安いのが魅力です。LCC便特別プランという料金を設定している駐車場もあり、1日500円を切るような安い料金のところもあります。
空港隣接の民間駐車場の場合は、無料送迎のシステムが一般的ですが、他にも、到着時に希望の場所まで自動車を届けてくれるシステムや、出発と到着時の両方とも、希望の場所へ自動車を届けてくれるシステムもあります。さらに、預かっている間に有料で洗車をしてくれるところもあります。インターネットから簡単に申し込むことができるので、ぜひ利用について検討してみましょう。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで