ベストな駐車場とは

車を購入するときに、必ず確保しておかなければならないのが、車の保管場所です。

もし、私有地に車を保管できる場所があるのなら良いのですが、そういった土地がない場合には、駐車場を契約する必要が生じます。

ただ、駐車場は、大切な車の保管場所となるスペースですので、慎重に選ばなければなりません。

また、その選び方も、住んでいる地域によって少し違います。

基本的に、自動車の保管場所は、住居から2km以上離れた場所には、指定できません。

ですので、住居の2Km以内で、ベストな条件の駐車場を見つける必要があります。

もし、農家の多い地方で暮らしているのなら、住居から2Km圏内に、低料金で駐車スペースを提供してくれる地主さんがおられる可能性があります。

一般的に、こうした土地では、街とくらべて非常に安く駐車スペースを確保することが可能です。

地主さんによっては、1万円以下で、土地を貸してくれる場合もあるのです。

ただし、利用料金が安いからといって、必ずしもベストな条件だといえない場合もあります。

特に、電灯などの設備が整っていない場所を、駐車スペースとして貸し出している場合は要注意です。

こうした場所は、人目につきにくいために、車上荒らしにあってしまう可能性があります。

また、まともに地面が整備されていないと、雨が降るたびに地面がぬかるんで、車が泥だらけになったり、乗り降りの際に足が汚れたりします。

数千円の差ならば、きちんとアスファルトが敷いてあり、電灯などの設備が整っている所を借りた方が賢明です。

次に、街に近い所で駐車場を借りる場合ですが、こちらの場合も、人目につかなすぎる場所は避けることが肝要です。

ただし、高級な車をとめておく場合は、あまり目立つ場所におくと、窃盗犯や車上荒らしに目を付けられる可能性があります。

高級車を駐車させておくのであれば、できれば、シャッターの付いた駐車場がベストです。

一般的に、シャッター付きだと、月極料金が高くなりますが、大切な高級車が被害にあうことを考えれば、多少料金が上がってもシャッター付きを選んだ方が賢明なのです。

もし、さほど高級な車を止めるわけでないのなら、高額な料金を払ってシャッター付きの場所を借りる必要はありません。

街に近い土地でも、よく探せば、安い駐車場が見つかる場合があります。

通りを一本超えるだけで、月極料金が大きく変わることもあります。

このように、田舎であれ都会であれ、車の保管場所を探す際は、安全性と利便性、そして料金のバランスを考えることが肝要です。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで