成田空港の飛行機事情

日本で最大の空港として、利用客も多いのが成田空港です。こちらでは、日本国内の人はもちろんのこと海外から来た人も多く利用しているので、外国語が飛び交っています。これほどの空港なので、もちろんターミナルも一つでなく、2か所に分かれており、第一と第二になっています。

このターミナルも、航空会社によって分けられているので、成田空港に行く際には利用する航空会社のカウンターなどがあるターミナルを良く調べてから行きましょう。

成田の空港は規模が大きいので、かなりの頻度で飛行機が飛んでいる状態を見ることができます。空港に近づけば近づくほど、近く大きくジャンボジェットを見ることができるのです。子供が見ると興奮します。

とはいえ、夜中の飛行などには制限があるので、真夜中の便はなく、ハワイなどの夜便や早朝便などが最初や最終のフライトになるのです。この地域は、それほど街ではないのですが、最初からそういった制限は設けられています。

成田というと国際空港としての役割を担っているわけですが、国内の地方空港からの乗継やLCCの参入により、純粋な国内線も飛んでいます。ずいぶん、一昔前よりもリーズナブルに飛行機を利用できるような時代になったものです。

空港を利用してみると、その利用便によっては、搭乗口が遠くにあったり、シャトルに乗っていかないと搭乗口にいけなかったり、搭乗口からさらにバスなどで飛行機のところまで行く場合もあります。そうなると、時間もかかるので、出発ロビーから手荷物検査、出国手続き等は早めに済ませておいた方がいいでしょう。搭乗口に時間までに行かないと、航空会社の職員に探されたり、放送がかかってしまうこともあるので、気をつけましょう。

機内に入ったら、以前は携帯電話などの電源を切るようにいわれていましたが、最近ではそういった電波も有害とは言い切れないということがわかり、そのままでも大丈夫になりました。そのことで、機内にいてもメールを送信・受信できるようになっています。

また、成田空港に見送りに来たり、時間があったりしたら、展望デッキに出てみるのもいいでしょう。普段、近くで見られないような飛行機が飛び立つ瞬間を見ることができたり、空港職員が飛行機の準備でどのようなことをしていたりするのかということを見ることができることもあるのです。なかなか面白いものです。

空港に行くと、普段見られないようなものを見れたりするので、なかなかいいものです。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで