成田空港の免税店の上手な使い方

免税店は、旅行者に対して商品に掛かる税金を免除して販売する小売店のことで主に空港や一部の繁華街に存在しています。

さまざまな税はその国に住んでいる、または入国している人に対して課せられるものですが、国際旅行をするさいに旅行者が出国手続きを終了後し、入国手続きの終了までの間は、どこの国にも属さないとされ税法上は課税の対象になりません。これらの法的な解釈から空港内の一部には必ずといっていいほど免税店が設置されています。主に税率が高く設定されている酒類やタバコなどの嗜好品が人気で、そのほかその国で高い関税が掛けられる製品なども人気です。

一方で、一部の繁華街に存在するのは、市内免税店とも言われているもので、旅行者が商品を購入すると商品は直接渡されず、購入証明書が発行された上で、空港の出港審査上を通ったあとに引換所で商品を受取る仕組みです。これにより日本国内で掛かる税金を免除した金額で商品を購入することができますが、日本人にはあまり馴染みがありません。

このように税金が免除される免税店ですが、海外旅行に行ったさいにも上手に利用すると税金を節約して商品を購入することができます。

特に成田空港には日本最大級の免税店街であるナリタ5番街があります。これまで成田空港には複数のお店がターミナルごとに存在していましたが、2007年に大規模改装されモールとしてナリタ5番街として開業しました。ナリタ5番街の特徴は、充実したお店と商品で、さまざまな商品を取り扱う総合店のほか、世界各国の高級ブランドのブティックが多く入居していることです。特に総合点では国内製品から海外製品まで幅広く販売されていますが、特に国内製品では、税率の高い酒類やタバコが人気です。

成田空港などの免税店を賢く利用する方法としては、免税品の事前予約です。お店は豊富な品ぞろえですが、在庫がない場合などもありますし、空港内での滞在時間も限られるため、事前に予約しておくことでスムーズに買い物を済ませることができます。またお店によっては、さらなる割引を受けられる場合もあり、事前にインターネットなどで確認しておくと失敗せずに買い物を楽しむことができます。

ただしこれらのお店を利用するさいの注意すべき点は、日本の場合、出国時のみ免税となる、ということです。そのため出国時に買い物を済ませる必要があります。なお、一部の国では入国時でも使える場合があります。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで