成田空港パーキングで満車だった時の対処法はあるのか?

昔と比べれば、現在ではすっかり海外旅行もごく身近で普通のこととなりましたが、今も変わらぬことというものもあります。

それが、空港まで乗りつけた自家用車を旅行の間、どこに駐車しておくかという問題です。



運の良い人であれば、空港の近くに知り合いが住んでいたりして、海外旅行に出掛けている間、何の心配も無く、自分の車を預けておくことが出来るかもしれません。

しかしながら、そのような幸運に恵まれた人などというのはごく一握りですので、それ以外の大多数の人は、地道に空港近くで旅行の間中安心して車を預けることが出来る駐車場を探し出すことに奔走しなければなりません。



そのことは、新東京国際空港、通称・成田空港であっても事情は全く同じで、しかも、成田空港は利用者が多いことから、繁忙期には、数ある成田空港パーキングの中でも、空港近くで利便性が良く、人気が高いようなところは満車となってしまう可能性も全くないわけではありません。



成田空港パーキングを利用するに当たり、満車となってしまった場合の対処法というのは、率直に言ってありません。

目の前の駐車場が満車となってしまったら、空きが出るまで待つか、さもなければ、他の成田空港パーキングを探すより方法はないというのは自然の理です。



ただ、そういう事態に陥らない為の方法というのはいくつかあります。

それは、早い話、満車になる前に、駐車スペースをキープする、つまりは、事前に予約しておけば良いわけです。



通常、海外旅行に出掛ける場合、旅行日程はかなり早い段階で確定するわけですし、当然のことながら、利用する飛行機がどの便になるかというのも、遅くとも出発数日前には確定しているはずです。

ならば、出発便が確定した段階で、すぐに利用する成田空港パーキングに予約を入れておく、これが一番確実で、しかも正攻法の、満車回避の為の対処法であると言えます。



旅行日程が変わるかもしれないという向きもあるかもしれませんが、大概の駐車場では、前日までのキャンセルについて違約金などを取ることはありませんし、また、止むを得ず当日キャンセルすることになっても特に違約金などが発生しないところも多いです。



業者側としては、たとえ当日キャンセルになって目先の利益が少々目減りしたとしても、今後永くお付き合いしていただける顧客を獲得することの方が、長い目で見て、自社の利益になる、という発想なのでしょう。

ですので、利用者としては、もしかしたら発生するかもしれない出発日時の変更を恐れて直前まで駐車場予約を入れないということは、非常にもったいない話であると言えるわけです。



ですので、旅行の日程が立ったら、可能な限り早く駐車場の予約も併せて済ませておくというのが、賢く合理的なやり方であることは間違いありません。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで