早朝便に乗るには早朝営業の成田空港パーキングが便利

出張や旅行、帰省などで成田空港を利用する場合、どのような交通手段で空港に向かいますか。電車や空港行高速バスなど公共交通機関や、人数が多く荷物もそれなりにある時は車やタクシーを利用するのが一般的です。



車を使って成田空港に向かう場合、利用することになるのが成田空港パーキングです。車をパーキングに預ける手続きが終わると、そこから専用バスで空港まで送ってくれます。帰りは専用バスに迎えに来てもらう方法と、預けた車を空港まで届けてもらう方法があります。車を空港まで届けてもらう場合は料金が割高になりますが、パーキングに戻るまでの時間が短縮されますので、空港からすぐに車に乗りたい人にとっては便利なシステムです。



ところで成田空港で一番早いフライトは6時台の便です。しかし空港に到着してから飛行機に搭乗するまでの手続きにかかる時間も考慮すると出発ギリギリの時間に成田空港パーキングに到着では、搭乗に間に合いません。一部例外もありますが、航空会社は出発時間の2時間半前からチェックインを開始、出発時間の1時間前には終了しています。国内便を利用する場合はフライトの2時間前、国際便を利用する場合はフライトの2時間半前にパーキングに着いているのが望ましいと言われています。



また混雑する時期に空港を利用する場合は、パーキングが満車になることも考えておく必要があります。早朝営業の時間帯にパーキングを利用するから大丈夫と思っていても、成田空港パーキングには何日も駐車する車が多いので、利用したい日には既に満車になっている可能性もあります。そういったトラブルを防ぐためにも、成田空港パーキングに事前予約しておきましょう。



パーキングによって駐車システムが違うことも考慮に入れる必要があります。つまり完全固定駐車方式を導入しているかどうか、です。完全固定駐車方式とは、利用者が車を停めたら利用者が戻ってくるまで車を動かさない、ということです。完全固定駐車方式を導入していない場合は、車を移動させることがあるため車のキーをパーキング側に預けて空港へ向かう、ということになります。車のキーを預けるのに抵抗のある方は完全固定駐車方式のパーキングを選ぶようにしましょう。



そのほかに気を付けなければならないのは、成田空港パーキングが営業していない時間帯があるということです。6時の国内便に間に合うには、4時に到着している必要がありますので、もし朝一番の便で出発を考えている方は、4時から早朝営業しているパーキングを探して申し込んでおきましょう。すべての成田空港パーキングが早朝営業していないことも覚えておきましょう。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで