年末年始などのハイシーズンには上手に成田空港駐車場の利用を


成田空港へのアクセス



海外旅行や国内旅行のとき、成田空港を利用する人も多いでしょう。成田空港は日本の主要空港の一つであり、利用者が非常に多いのが特徴です。年間の乗降客数は、平成27年の統計で国内線で600万人、国際線で2800万人の合計3400万人にのぼります。国内の空港の中で、国内線国際線合わせて年間乗降客数7500万人の羽田空港に次いで、2番目に乗降客が多い空港となっています。

都心から成田空港へアクセスする方法としては、まず電車が考えられます。成田スカイアクセス線、京成本線、JR線を利用すると、成田空港まで移動をすることができます。電車を利用した場合は、到着時刻を計算できるというメリットがあります。ただし、お盆や年末年始などは旅行や帰省で利用者が多く混雑するので、小さなお子さまがいるときや、荷物が多いときはとても大変です。そのような場合は電車を避けて、車を利用した方が賢明でしょう。ただし、車で行く場合は、道路が渋滞したり駐車場に車を入れるのに時間がかかったりということが考えられますので、時間に余裕を持った行動が必要です。

成田空港にはターミナルが3つあります。日本の航空会社でいうと、全日空が第1ターミナル、日本航空が第2ターミナルを使用しています。また、第3ターミナルは格安航空会社専用としてバニラ・エアやジェットスター・ジャパンなどが使用しています。ターミナル間の移動には、無料のターミナル連絡バスを利用する事も可能です。成田空港駐車場に車を止める場合、2つの選択肢があります。1つは空港直営の駐車場、もう1つは、それ以外の民間が運営している駐車場です。直営の駐車場はターミナル近くにP1、P2、P3、P5の4つがあり、第1ターミナルを使う場合はP1とP5が、第2ターミナルを使う場合はP2とP3が、第3ターミナルを使う場合はP2が最寄りの駐車場になります。また、P2は第2ターミナルに直結されています。使う航空会社によって、近い駐車場に止めるのが良好といえるでしょう。



成田空港駐車場の利用料金



直営の成田空港駐車場は、空港内にあるため便利なのが特徴です。ただし、料金は民間に比べ高めの設定です。それに対し、民間の駐車場の場合は、料金は安いけれども空港までの移動が不便になります。そこで、民間の駐車場を利用する場合は、駐車場に車を止めて駐車場が持つ送迎車で出発時・到着時ともにターミナルまで送迎してもらう方法や、出発時にターミナルで車を駐車場スタッフに預け、到着時にターミナルで車を駐車場スタッフから受け取るという方法などを取っている人が多くなっています。

航空券の料金は常に同じではなく、時期や曜日、そして時間帯によっても異なります。時期でいうと、繁忙期には高めに、閑散期は安めに設定されています。繁忙期をハイシーズンと呼びますが、ハイシーズンは、年末年始、お盆、ゴールデンウィークなどの旅行や帰省のシーズンのことです。ピークと呼ばれることもあります。直営の成田空港駐車場には、こういったシーズン別の料金はありません。一方、民間の成田空港駐車場の場合、ハイシーズン料金の設定があるところもある為、あらかじめ確認しておくことが大切です。ハイシーズンには、成田空港駐車場へ出入りする車で混み合いますので、旅行の日程が決まり次第、予約するのをおすすめします。直営の駐車場では、成田空港公式サイトから、P2とP5に限り別途料金が必要ですが予約を入れることができます。民間の駐車場の場合、それぞれの公式サイトから予約を入れられるようになっているところがあります。サイトから予約するか、サイトがなければ電話で予約を入れておくと安心です。



LCCで旅行費用を安く



近年、成田空港で多くの格安航空会社、いわゆるLCCが運航を始めました。LCCは航空券が安いので、旅行費用を抑えたい人には最適です。LCCの場合、早朝に離発着する便が多くなっています。以前の成田空港は利用者の夜間の滞在を原則認めておらず、利用者にとって不便でした。しかし、早朝便の利用者増加に対応しようと、現在では24時間の滞在ができるようになっており、そのためのサービスも提供されています。第3ターミナルの早朝便利用者のために、第3ターミナル本館2階の出発ロビー、及び第2ターミナル1階北ウェイティングエリアは24時間利用できるようになったことから、出発までの間、ここで休憩や仮眠を取ることが可能です。また、第1、第2、第3の各ターミナルにはそれぞれ24時間営業のコンビニエンスストアがあります。さらに、第2ターミナルに直結したP2駐車場地下に、24時間受付・チェックイン可能なカプセルホテルも営業しています。

また、直営の成田空港駐車場は、早朝・深夜割引を行っています。これは、深夜0時から午前8時に入庫、または深夜22時から午前2時に出庫すると、一定の条件を満たせば料金が割引されるというものです。民間の成田空港駐車場の中には、LCCの早朝便に対応して営業時間を午前4時台から開始しているところもあります。ただし、すべての駐車場で行われているわけではなく、行っていても予約が必要なところもありますので、事前の下調べが必要です。

年末年始などのハイシーズンはどうしても航空券の価格は上昇しますが、格安航空会社の早朝便を利用することによって、旅行費用を抑えることができるので上手に利用してみましょう。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで