これから成田空港の駐車場を利用したいとお考えの方へ


成田空港の概要と特徴に関する情報



千葉県成田市の南東部に位置する成田国際空港は、首都圏に発着する国際線、主要都市に向けた国内線航空便の飛行機が離着陸する空港です。航空法上は「混雑空港」というカテゴリーに分類されるこのあった空港のかつての正式名称は、「新東京国際空港」でした。また、国際的な観点から見れば、わが国の首都である東京において国際空港としての役割を果たしていることから、空港の所在地は千葉県であるにもかかわらず、便宜上は東京の空港として扱われるケースも存在します。そうした事情から、当空港には「東京成田」、もしくは単に「東京」という便宜上の呼び名もありますが、後者の呼称は、東京国際空港(通称・羽田空港)と紛らわしいという理由から避けられる場合があります。

その羽田空港に次ぎ、国内で2番目に多い航空機発着数・旅客数を誇るのが成田空港です。この空港が開かれたのは1978年のことですが、それからというもの、20万回以上に渡る航空機の発着がなされてきました。国内を代表するハブ空港で、長い歴史もありますが、アクセス条件や国内線の乗り入れ便数に関して言えば、羽田空港に及びません。とは言え、京成成田空港線が開通し、アクセス条件が格段に向上しており、今後は競争力の強まることが期待されるところです。



空港内に設置されている駐車場と事前予約のサービス



成田空港内には、P1・P2・P3・P5及び貨物地区駐車場といった有料の駐車場が設置されています。また、オートバイ用の駐車スペースも設けられているほか、障害者手帳を所持する人に対する割引サービスも提供されています。一部の駐車場を利用するに際しては、前もってインターネットを通じて予約を申し込むことができ、割引を受けることも可能になります。なお、P2は、隣接する第2ターミナルと連絡通路で直結しているために、雨が降っていても濡れずにターミナルへとアクセスすることのできるただ一つの駐車場となっています。

空港内の駐車場では、パーキングの種類と利用する時間によって、異なる料金設定がなされています。また、料金が高くなる場合のポイントがあります。したがって、駐車料金を少しでも安くしたいのであれば、その時間帯を前もって把握し、駐車してから戻って来るまでの日数・時間を計算した上で、適切なプランを立てることが大切です。また、自動二輪の場合も、四輪車と同様の方式で料金設定がなされていますが、金額は四輪車よりもリーズナブルなものとなっています。

先ほども述べたように、空港内にある一部の駐車場では、ネットを通じた事前予約をすることが可能です。そのようにして、前もって予約の手続きをしておけば、旅行のハイシーズンであっても、現地に到着してから満車で駐車するスペースがないといった状況に陥る心配をしなくて済みます。予約の手続きは、インターネットもしくは電話で行なうことが可能です。ただし、電話の場合には、いずれのパーキングも第1駐車場管理事務所の管轄となり、受け付け時間は限られているので、注意が必要です。とは言うものの、定休日は無く、年中無休で営業しているのはありがたいところです。空港内では、P2とP5の駐車場が、事前予約の可能なパーキングとされています。ただし、こちらの事前予約サービスは、無料ではなく、1台あたり利用料金が掛かるので、注意する必要があります。



最寄りのターミナルと空港周辺の駐車場について



成田空港のターミナルは、3つに分かれており、自分の利用する航空便に対応するターミナルへとアクセスする必要があります。混雑していて、駐車場の種類を選ぶことができない場合は仕方ありませんが、そうでなければ、自身の利用するターミナルからなるべく近いパーキングに駐車したいところです。そのようにすれば、行きと帰りの移動に掛かるエネルギー・時間を節約することができます。ちなみに、混雑の状況を確認するためには、ウェブサイトを利用することも可能です。サイト上では、「空車」「混雑」といった具合に現在の状況が表示されます。

空港内の駐車場には、ターミナルへのアクセス条件が良いというアドバンテージがありますが、空港周辺の駐車場にも、独特のメリットが存在します。国道51号と国道295号(空港通り)が立体交差する寺台インターチェンジから空港へと向かう途上には、空港の数キロ手前から、空港内にある駐車場よりもリーズナブルな料金設定のなされた周辺の業者による駐車場が数多く存在します。空港の規則では、ターミナル前のカーブサイド(車両乗降場)における車両受け渡し、いわゆるバレーパーキングという行為は禁止されていることから、ホテルと同じように、無料送迎サービスが提供されています。それらのサービス内容は、業者によってさまざまな違いがあります。中には、預けておいた車を空港までデリバリーしてくれる業者も存在します。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで