成田空港のLCC事情

成田空港のLCC事情は、あまり活発にはなっていませんが、利用できるところもあります。24時間営業ではないので、使いにくいという意見があったり、都心部から離れているから使い勝手が悪いという評判もありますが、その割には多くの格安航空会社が入っています。

ただし、成田空港の欠点である24時間営業の問題がない関西空港にLCCの多くは目を向けているのも現状です。LCCを利用するなら、関西の方が便利になってしまっているのです。さらには、都心部に近い羽田空港も国際空港になりましたので、成田空港は大変な試練の時期を迎えていると考えても良いでしょう。

格安航空会社を利用する人は、コストを抑えたい人が多く、空港に泊まれるかどうかも大切です。格安航空会社のフライトは早朝便や深夜に着く便も多くなっています。フライトの前後にホテル泊を強いられてしまうと格安にならないことも多いので、意味がないのです。格安航空会社をたくさん入れるなら、フライトの前後に空港泊ができることが大切なのです。日本は特に宿泊代が高いので、絶対に空港泊ができることが重要なのです。

格安航空会社は利用者が伸びていますが、一般の航空会社も多くあるので、必ずしも格安航空会社に特化することはありません。格安航空会社は客単価も悪く、客質もあまり良くないので、単価が高い顧客の取り込みにはつながりにくいからです。少し不便なゲート等を使って、格安航空会社を入れるというのが得策でしょう。

つまり、成田空港は格安航空会社向けの空港ではなく、一部だけ入れているに過ぎないのです。賛否両論がありますが、悪いことばかりではないので、深刻に考えることもないでしょう。

LCCは、国内線と国際線がありますが、遠距離のフライトは少なくなっています。遠くに飛ぶ場合には直行便ではなく、どこかで経由するしかありません。また、フライト自体が限られており、好きなところには行きにくい場合も多くなっています。

格安航空会社のフライトは遅れることもありますが、24時間営業でない成田空港では、営業終了時間までにフライトが間に合わず、他の空港に行くことになることもあるので注意が必要です。いざという時には問題が大きくなってしまうこともあるので、格安航空会社は覚悟をして利用しなければなりません。ゆとりを持った計画を立て、保険などにも必ず入るようにしましょう。命や病気の保険も大切ですが、格安航空会社を利用するなら、遅延に関する保険も大切です。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで