成田空港パーキングはアクセスのしやすさで料金も変わる

成田空港パーキングにはいくつか種類があり、空港からの距離やアクセスのしやすさによって駐車料金も変わってきます。

1つめは空港敷地内にある成田空港パーキング(直営の駐車場)です。この駐車場は第1ターミナル・第2ターミナルの側にあり、一番距離が近くてアクセスしやすい駐車場です。また、規模も小さいですが貨物地区にも駐車場があります。

これらの駐車場は空港のゲート内にあるのでセキュリティの面でも安心ですが、その分駐車料金は高くなります。駐車料金は第1ターミナルに近いP1・第2ターミナルに近いP2・貨物地区駐車場は260円/30分で、1日の上限は2060円となっています。P1・P2よりもターミナルまで距離があるP3・P5駐車場は210円/30分で1日の上限は1540円と、少し料金も安くなっています。

どちらの駐車場も6日目からは520円/1日と割引料金になりますが、1週刊程度の旅行期間中車を停めておくと10000円以上駐車料金が発生することになります。料金は高くなっても利便性や安全性を取りたい場合は空港内の駐車場を選ぶといいと思います。

もう少し駐車料金を安くしたい場合は、民間の駐車場を選ぶことになります。

民間の駐車場は成田空港パーキングとは異なり、空港の敷地外にあります。空港ターミナルまでは距離があり駐車場から空港まではシャトルバスやワゴン車で移動することになりますので、アクセスのしやすさでは空港内の駐車場よりも不便です。

また、駐車した後の車の保管方法にはいくつか種類があり、車両を移動させることのない完全固定式・駐車場外へ移動させることはない場内管理式・別の駐車場へ移動して保管する移動管理式、といったものがあります。車を移動させる必要がある駐車場では鍵を駐車場管理業者に預ける必要があります。車を動かされたくない・鍵は自分で保管していたいという場合は固定式の駐車場を選んだほうがいいと思います。

こうした駐車場のメリットは空港内の直営駐車場と比べると料金が安いということです。駐車場の場所にもよりますが、基本料金や駐車料金をあわせて1日1000円以下で駐車できるところもあります。ただし、出発時も到着時も送迎バスを利用するのか、到着時は空港まで車を届けてもらうのか、などによって料金も変わってきますし、セキュリティの面や車両の保管状況についてはリスクもあります。料金だけで比較すると空港までの移動時間が長かったり、空港で車や送迎を待つ時間が長くなったりとデメリットもありますので、旅行のプランや予算に合わせて検討する必要があります。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで