価格比較して料金最安値の成田空港駐車場を選ぼう

昔と比べれば随分とハードルが下がったのが海外旅行ですが、それでも昔と変わらず、今でも出国の際には、いろいろと面倒なことやら心配事やらがあるわけです。

その最たるものが、空港まで乗り付けてきた自家用車を旅行中、どこに置いておくかということでしょう。



恐らく大多数の人は、空港近くに都合よく知り合いなどがいたりしませんので、そうなると、自然、自力で空港近くで長期間駐車しておくことが出来るところというものを探し出さなくてはなりません。



新東京国際空港、通称・成田空港を利用する人の場合も全くこれと同じで、普通の人は、地道に空港近くの成田空港駐車場をあたり、その中から安心して利用出来そうで、しかもなるべく料金の安いところをなんとか探してくるわけです。

はじめからお金に糸目を付けないということであれば、選択肢はいくらでも広がるので、条件に適うところを見つけるのは容易ですが、やはりなるべく控えめな値段で、となると、ある程度選択肢はせばまります。



成田空港駐車場で料金を価格比較してみて、出来うることならば最安値のところを選びたい、恐らくそれは、多くの利用客も同様に考えることとは想像出来ますが、ただ、だからと言って、金額のみに固執すると失敗してしまうこともあります。

料金最安値を優先するにしろ、価格比較するにしろ、駐車料金のみに拘って決めてしまうと、トータルでかかる金額では結局損をしてしまった、そんなことにならないよう、注意することも必要です。



具体的には、全く駐車のみで、空港への送迎をしてくれないといった業者の場合、その駐車場が辺鄙なところにあったりすると、行き来のタクシー代が思いの外かかってしまったというようなことは、よく聞く話です。

また、急に雨が降ってきたため、タクシーを待つ間、ビショビショに濡れて風邪を引いてしまったなどということになってしまっては、少々駐車料金が安く済んだからと喜べる話ではありません。



となるとやはり安心出来るのは、利用料は手頃なものの、空港への送迎をしてくれる駐車場というものであり、特に慣れない人にとっては、無難な選択肢と言えるでしょう。

こういったプランでは、基本的に、その成田空港駐車場まで利用者が直接車を持ち込み、そしてそこから成田空港までは、業者側が用意したバスなどで送迎をしてもらうという形になります。



また、発展系のプランとして、出発は、基本型と同じく駐車場から空港まで送ってもらい、帰国時には、自分の車を空港まで回送してもらい空港で受け取るというもの、さらには、行きと帰り、いずれも客は成田空港まで直接自家用車で乗り付けて業者との受け渡しは空港で全て完了させるといったものなどもありますので、それぞれの事情に合ったプランを選ばれると宜しいでしょう。

次の記事へ

お気軽にお問い合わせください!

メールでのお問い合わせ

0120-350-767

0476-33-0203

4:10~当日最終フライトまで